インターネット上の誹謗中傷の対策について

誹謗中傷について詳しく知っておくことが大切です。

ネット上で悪口や誹謗中傷を受けたことがある方はたくさんいると思います。それだけインターネットが社会に溶け込んでいると言ってもいいでしょう。まず、ネット上の悪口や誹謗中傷は法律上では何に当たるのかと言いますと名誉棄損や侮辱に当たります。他にも住所などの個人情報や学歴、容姿、収入などをネット上に掲載された場合はプライバシーの侵害になります。ネット上の誹謗中傷は一過性のものが多いですが、それで傷つくのも確かです。しっかりと対策をしていきましょう。

実際に被害に合ったらどうすればいいのでしょうか。

インターネット上において誹謗中傷やプライバシーの侵害を受けて傷ついたとき、どこに相談すればいいかわからない方もいると思います。被害にあった時は気が動転して冷静になれないので事前に確認しておくことは非常に大切です。実際に被害にあわれたら警察のサイバー犯罪相談窓口に連絡してください。メールでの相談も受け付けていますので相談しやすいのも選んでくださいね。被害にあった時に迅速な対応をすることで被害も最小限に抑えることが出来ます。

では、どういったものが名誉棄損に当たるのでしょうか

続いてはどのような被害があるのかを知っていただきたいと思います。ネット上の悪口は警察の対応が遅れると被害も大きくなってしまいます。ネット上での情報の拡散力はとてつもなく、あっという間に広まっていきます。被害の事例としましてはメールアドレスや住所などの個人情報の無断掲載、事実と全く違う誹謗中傷や裸の写真を拡散されてしまったなどの個人を特定できるものは素早い対処が大切です。掲示板の管理者に削除依頼を出したり、プロバイダに侵害情報の通知書を送ると削除してくれますのでまずは冷静になることが大事ですよ。

企業に対するネット上での誹謗中傷は、自社の名誉を傷つけられ、業績悪化の原因となりうる大きな問題です。迅速な誹謗中傷対策が必要となります。専門知識を持つ業者に相談しましょう。