ポスターのデザインは多くの情報を上手く見せる必要があります

情報を整理整頓する必要性

ポスターはインターネットのホームページとは違って、スライドして見ることは出来ません。1枚の紙に載せたい情報を全て掲載する必要があります。そのため写真や文字を整理整頓して配置しなければ、見るかた達は読みづらくなって、何を伝えたいポスターなのか困惑するのです。種類の違う情報を載せている文章はスペースをあけて配置して、情報が混在しないような配慮をする必要があります。そして、同じ情報を扱う写真と文字は出来るだけ近い所に配置をすれば、分かりやすいデザインになるでしょう。

枠を使ってレイアウト

同じ情報を扱う写真や文章を枠で、囲うレイアウト表示はポスターのデザインに多く使われています。枠に囲うことで同じ情報だと分かりやすくて、他の情報と混在しにくくなります。枠と枠の間にスペースをあけて位置合わせをすれば、さらに分かりやすくなります。枠にも色々なデザインがあり外枠だけ太線で囲うものや、枠の上側に中身だしの文字を表すものもあるのです。同じデザインの枠を何個も表しておけば統一感や安定感も生まれて、魅力的なポスターデザインになるでしょう。

写真と文字の組み合わせで、多彩なデザインが実現

写真と文字の組み合わせにも多くの種類があり、写真にタイトルとなる文字を少しだけ重ねる手法があります。写真とタイトルにスペースをあけて配置されたデザインよりも、アレンジされた感じになります。その他にトーンの低い色の小さい文字を背景として扱って、タイトルや注目して欲しい文字は明るい色で大きめのサイズで差別化するデザインもあるのです。それとは逆に、蛍光色となる色で大きめのサイズの文字を背景に使うインパクトのあるデザインもあって、映画の宣伝ポスターによく使われています。アレンジしたい時、タイトルと紹介文を差別化したい時やタイトルをメインにしたい時など、写真と文字の組み合わせで多くの場面で利用できるテクニックです。

大量の印刷物が必要になる場合に、よりコストを削減したいと考える企業も多いでしょう。そんな時には、激安コピー印刷サービスを利用してみると便利です。